ホーム > 内科 肥満・ダイエット外来

  • 内科

    • 内科について
    • 一般内科/血液内科、血液・腫瘍内科
    • ワクチン・健診について
    • 特殊外来
    • OC、EC肥満・ダイエット外来
    • ビタミン・疲労回復注射/サプリメント外来

    生活習慣病外来

    糖尿病・高血圧・高脂血症という動脈硬化の危険因子となる疾患の的確な診断・治療を行います。家族背景・全身の動脈硬化の評価なども参考として全身的管理を心がけています。
    「人は血管とともに老いる」これはアメリカの内科医ウイリアム・オスラー博士の有名な言葉ですが、高齢化が急速に進んでいるわが国において、血管の老化すなわち動脈硬化性の疾患の管理がますます大切になります。日本人の死因の1位は悪性腫瘍ですが、2位・3位は動脈硬化に起因する心疾患・脳血管障害であり、両者を合わせると全体の約30%を占めています。またこれらの疾患の患者数は増加の一途をたどっています。動脈硬化を悪化させる原因は糖尿病・高血圧・高脂血症といういわゆる生活習慣病といわれています。そしてこれらの生活習慣病の治療の目的は、加齢にともなって進行する動脈硬化を出来るだけ抑制していくことです。そのためには、ご自分の動脈硬化の程度を把握しておくことがスタートラインといえます。

    当院での動脈硬化の評価は安静時血圧の他に血液中の高感度CRP値の測定や、血圧脈波検査でスクリーニングし、適切に評価・治療します。

    1) 血圧脈波検査(ABI):四肢の血圧を専用の装置で同時に測定することにより簡単に下肢の動脈の狭窄の有無や全身の動脈硬化(血管の老化・血管年齢)の程度を調べることができます。

    2) ロックスインデックスという先進の血液検査では、動脈硬化の原因物質である変性LDLと結合する血管壁のLOX-インデックスというタンパク質を測定することで動脈硬化の進行から将来の脳卒中、心筋梗塞といった、動脈硬化性疾患の発症予測が可能です。

    このような方にお勧めです。
    血縁家族に脳卒中(脳梗塞・脳出血)、心筋梗塞の治療を受けたことのある方。
    血圧・脂質異常症・糖尿病にかかっており、動脈硬化が気になる方。
    40歳以上の方

    自費診療の検査となります。料金は12,000円(税別)です。

    ロックスインデックスと他の動脈硬化検査との違いは?

    血圧脈波検査(ABI)や頚動脈エコーなどで、異常が出たときは、既に動脈硬化が進行しているため、予防へのアプローチが遅くなってしまいます。ロックスインデックスでは血管が痛む危険性を調べ、より早い段階での動脈硬化の進行リスクを調べる事が可能です。

    また、動脈硬化健診として下記の自費診療もオプションとして適宜追加可能です。

    1)心電図
    :1.000円(税別)
    2)胸部レントゲン
    :2,000円(税別)
    3)末梢血液検査
    :1,000円(税別)
    4)生化学血液検査
    :3,000円(税別)
    5)血圧脈波検査
    :1,500円(税別)

    ダイエット外来

    食事療法・運動療法・薬物療法の総合的治療を実施しています。更に肥満治療のプログラムに認知行動療法を取り入れ、治療の段階毎に動機づけ、援助を行うサポート体制を提供しています。

    • 食事療法は簡単なカロリー概算法の習得を基本に栄養指導を実施しています。またマイクロダイエットなどの
      フォーミュラー食も導入しています。
    • 運動療法では、同じ運動でも、より効果的なノウハウを提案していきます。
    • 薬物療法は各種漢方薬を中心に基礎代謝改善を図っていきます。また、高度難治性肥満の方は保険適応の中枢性食欲抑制薬マジンドール(商品名サノレックス)の併用も考慮しています。リバウンドを来さない継続可能な体重コントロールを目指してそれぞれの肥満タイプに適合した総合的な治療を実施し、効果があらわれています。

    パンフレット

    上の画像をクリックすると拡大してご覧になれます。